視力にあったメガネを買う方法

視力の悪い方がメガネを買うのなら、適切な度数のものを選ばなければいけません。ここでは、自身の視力にあった度数でメガネを作ってもらう方法をいくつか紹介するので、不便な生活を送らないためにも参考にしてください。

眼科で視力を測ってもらう

メガネを販売するお店を訪れれば、まず間違いなく視力測定器があって、その場ですぐに測ってもらえます。とても便利なので、早くメガネを作りたい方は利用を考えるかもしれません。しかし、初めてメガネを作る場…

Read More

メガネ屋で視力を測ってもらう

視力が悪くてもメガネを利用することで、物がはっきりと見えるようになりますが、眼鏡は個人の視力に合わせた物を使わないと見え方が変わってきます。目が悪いのに度数が低い物を使うと、少し良く見えるようにな…

Read More

メガネでもうひとりの自分

最近ではおしゃれなメガネが沢山登場しています。自分のファッションに取り入れてみるだけでいつもと違う自分に出会うことができます。気分も変わり毎日の生活も違ってくるかもしれません。

メガネのリム

メガネのリムといわれる部分のデザインはいろいろあるので、かけたときの視界や見た目を考慮した上で選定する必要があります。こちらでは代表的なものをいくつか紹介するため、自身の好みにピッタリなものを見つけてください。

上のみリムがあるハーフリム

メガネを購入する際は度数が視力と合っていることはもちろん、フレームが顔に似合うかどうかも重要です。一度購入すると長く愛用することになりますので試着もしながら、自分に合うデザインを見つけていきたいと…

Read More

下のみリムがあるアンダーリム

メガネのフレームは様々なタイプがありますが、イメージを変えるためにアンダーリムのフレームを選びたいという人もいると思います。アンダーリムの特徴は、下のみにリムがあるということが挙げられます。フレー…

Read More

リムがないリムレス

リムレスと呼ばれるメガネフレームの特徴はその名の通り、レンズ周りのフチ(リム)が無いことです。通常の縁ありメガネだとそのフレームのデザインで顔の印象が大きく変わってしまうのですが、リムレスであれば…

Read More

所有するメガネのレンズの度数を参考にしてもらう

メガネの買い替えは古いメガネを持ち込むことが重要

視力矯正用のメガネを買い替える際は今まで使っていた古いメガネを持ち込むことで手続きをスムーズに進めることが出来ます。これはレンズの加工方法を同一にすることで見え方に差が出来ないようにするためです。同じ視力矯正の効果があるレンズでも曲線の角度やコーティング加工の有無で見え方に差が生じます。自分では気づかない内に目に疲れが溜まってしまう可能性もあるので、特に異なる業者にメガネ作りを依頼する際は古いメガネの持ち込みは必須といえます。また、メガネ作りの際は視力検査を行うのが普通ですが、古いメガネのレンズの構造を確認出来れば必要な加工をすぐに理解出来るメリットが得られます。近視と乱視の混合のようにレンズへの特殊な加工が必要な場合、古いメガネを持ち込むのが加工時間を短縮させるコツです。

古いレンズから度数を決めるメリットと注意点

古いメガネの持ち込みはレンズの度数を決める手間を大幅に簡略化出来るメリットがあります。メガネ作りは店舗で専用の機器を使った度数合わせを行う必要がありますが、複数のレンズを重ね合わせて細かい調整を行うので手間がかかる欠点があります。乱視が混ざっている人は更に専用のレンズを使って微調整を行うことになるので、手間も余計にかかるのが問題です。古いメガネを持ち込めばレンズの度数合わせを短時間で済ませることが出来るので便利ですが、業者ごとにレンズ作りの工程や加工方法が異なるので全く同じ仕上がりにはなりません。自身の視力に合致した度数のレンズであっても、使いはじめの頃は視界に違和感や目の疲れを覚える可能性があるので十分に注意します。