眼科で視力を測ってもらう

目のスペシャリストは眼科医

メガネを販売するお店を訪れれば、まず間違いなく視力測定器があって、その場ですぐに測ってもらえます。とても便利なので、早くメガネを作りたい方は利用を考えるかもしれません。しかし、初めてメガネを作る場合や目の健康状態が分からない場合は、眼科を訪れて、ドクターに診察してもらったほうがよいです。視力を測ってもらえるのはもちろん、目を診察して、健康に問題がないか判断してくれます。もしかすると、視力の低下は何かしらの病気のせいかもしれないので、ドクターに診てもらって安心した上でメガネを作りましょう。なお、視力の検査と目の診察はどこでも行ってくれるため、メガネの専門医を探さなくても近くにある眼科で十分です。

処方箋を書いてもらおう

眼科で視力を測ってもらったのなら、忘れずに処方箋をもらうようにしましょう。最適なメガネを作るには細かいデータが必要なので、それが記載されている処方箋はとても大切です。視力のことはもちろん、乱視についても書かれているため、それを基にしてピッタリのメガネを手に入れられます。処方箋をもらったのなら、それをもってメガネを販売するお店に行きましょう。処方箋のデータを見て作ってくれるため、フレームを選べば、すぐにメガネの作成に取りかかってくれます。度数によってはレンズが厚くなるケースがあるので、スタッフと相談して、薄めのレンズの利用も考えましょう。メガネの作成が終わったのなら、あとは顔へのフィッティング作業をしてもらうだけです。